飯能を歩こう

ハイキング一般コース

2.山峡に歴史を訪ねるコース〔約10.2km〕

ハイキング一般コース

健康のための「歩け歩け」だけでは、ちょっと物足りないというあなたに、自然の中に忘れられた文化財や史跡、入間川の飯能河原・岩根橋、吾妻峡の水面を見つめ、野鳥の歌を聴きながら、さわやかな四季を織りなす風と一緒に、散策の小さな旅に出てみませんか。

飯能駅・東飯能駅20分・25分 飯能河原25分 軍太利神社八耳堂5分 吾妻峡1分 ドレミファ橋3分 永田大杉バス停15分 御嶽八幡神社5分 多峰主山1分 黒田直邦墓1分 雨乞池10分 見返り坂10分 天覧山10分 能仁寺3分 郷土館1分 諏訪八幡神社5分 観音寺5分 店蔵絹甚15分・20分 飯能駅・東飯能駅

①飯能駅・東飯能駅

Image Image
   
        
  1. 飯能河原まで徒歩
  2.     
  3. 20分・25分
  4.    

②飯能河原

Image Image 緑と清流のまち飯能ーそのイメージをまるごと体感できるのが飯能河原です。飯能河原にかかる赤い割岩橋の下流両岸は、「さいたま緑のトラスト保全第4号地飯能河原周辺河岸緑地」に指定されています。入間川がゆるやかに蛇行し、割岩橋が架かっている浅瀬は子どもたちの川遊びなどに絶好のスポットで、トップシーズンには賑やかな声が絶えません。

   
        
  1. 軍太利神社八耳堂まで徒歩
  2.     
  3. 25分
  4.    

③軍太利神社八耳堂

   
        
  1. 吾妻峡まで徒歩
  2.     
  3. 5分
  4.    

④吾妻峡

Image 入間川にかかる岩根橋を境に上流が吾妻峡、下流が飯能河原。川には、赤岩、兎岩などの奇岩が連なリ、峡谷は箱庭的な美しさを見せています。

   
        
  1. ドレミファ橋まで徒歩
  2.     
  3. 1分
  4.    

⑤ドレミファ橋

Image Image この川を渡るには、ドレミファ橋がとび石のように並び、川の流れに接しながら渡ることができます。

   
        
  1. 永田大杉バス停まで徒歩
  2.     
  3. 3分
  4.    

⑥永田大杉バス停

   
        
  1. 御嶽八幡神社まで徒歩
  2.     
  3. 15分
  4.    

⑦御嶽八幡神社

   
        
  1. 多峰主山まで徒歩
  2.     
  3. 5分
  4.    

⑧多峰主山

Image Image 多くの峯(峰)の主の山と書くとおり、飯能市街地付近では最も高い山です。271mの頂上は低山でありながら眺望に恵まれ、東の平野部、南から西、北と広がる山間部が見渡せます。頂上には、石にお経を書いて納めた経塚があり、古くから信仰の対象になっていたことが伺えます。

   
        
  1. 黒田直邦墓まで徒歩
  2.     
  3. 1分
  4.    

⑨黒田直邦墓

Image 多峯主山の頂上近くには、享保17年(1732)に上州沼田城3万右の大名となった黒田直邦の墓(昭和33市指定史跡)があります。

   
        
  1. 雨乞池まで徒歩
  2.     
  3. 1分
  4.    

⑩雨乞池

Image 雨乞いの池は、息を止めて池の周りを7周すると白蛇が出てくるという言い伝えがあります。源義経の母常盤御前に関する伝説もあります。雨乞いの池の側にある常盤平付近には、宝篋印塔(仏塔の一種 )があり、そこにお墓があったとも言われています。

   
        
  1. 見返り坂まで徒歩
  2.     
  3. 10分
  4.    

⑪見返り坂

   
        
  1. 天覧山まで徒歩
  2.     
  3. 10分
  4.    

⑫天覧山

Image Image 標高195メートルの低い山ですが山頂からの眺めがよく、飯能市街が一望できます。徳川幕府5代将軍綱吉の生母、桂昌院が奉納した十六羅漢像を山腹で見ることが出来ます。

   
        
  1. 能仁寺まで徒歩
  2.     
  3. 10分
  4.    

⑬能仁寺

Image 創建は変転興亡の激しかった戦国時代。飯能地方の領主・中山・黒田 両家の菩提寺となり栄華をきわめました。慶応4年5月飯能戦争の本陣となり、宝物や古文書の多くを消失してしまった。この寺には、中山家勝、家範の墓と黒田家累代の墓があります。また、本堂北庭には昭和48年に市指定文化財となった名園「池泉鑑賞式逢庭園」があります。これは、桃山時代(1573~1615)の造園と推定されています。

公式サイトへ
   
        
  1. 郷土館まで徒歩
  2.     
  3. 3分
  4.    

⑭飯能市郷土館

Image Image 郷土館は、飯能地方の歴史を通じて郷土愛を育て、文化の発展、ひいては飯能の将来の発展を図るための施設です。むかしの人々の生活から学びとり、新しい未来を創造していこうとする多くの方々が利用してくださることを期待しています。

   
        
  1. 諏訪八幡神社まで徒歩
  2.     
  3. 1分
  4.    

⑮諏訪八幡神社

   
        
  1. 観音寺まで徒歩
  2.     
  3. 5分
  4.    

⑯観音寺

Image Image 郷土館は、飯能地方の歴史を通じて郷土愛を育て、文化の発展、ひいては飯能の将来の発展を図るための施設です。むかしの人々の生活から学びとり、新しい未来を創造していこうとする多くの方々が利用してくださることを期待しています。

   
        
  1. 店蔵絹甚まで徒歩
  2.     
  3. 5分
  4.    

⑰店蔵絹甚

Image Image 飯能市指定有形文化財です。
店蔵絹甚( きぬじん)は明治37年建築で、篠原甚蔵・長三親子によって建てられ、名前から「甚」の字を取って「絹甚」と呼ばれていました。

   
        
  1. 飯能駅・東飯能駅まで徒歩
  2.     
  3. 15分・20分
  4.    

⑱飯能駅・東飯能駅